女性

ボトックスで小顔になれちゃう【小顔効果を期待できる可能性】

製剤の種類と品質

female

筋肉を麻痺させます

ボツリヌス菌を顔に注入することによって、筋肉が麻痺し筋肉が細くなっていくので、小顔にすることが出来ます。ボトックスはこれまで、癌かや神経内科などで、眼瞼や顔面痙攣などの治療として用いられてきました。美容医学にも取り入れられ、実際に美容整形の現場で使用されており、多くのクリニックでプチ整形として施術が行われてきています。小顔になる仕組みは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質成分が、アセチルコリン分泌を阻害することによって、顔の筋肉でもある表情筋部分に打つことによって一時的に筋肉麻痺を引き起こすことができるからです。歯の食い締め癖がある方やエラが張っている方の場合、エラ部分にある咬筋が発達しすぎて、頬骨あたりから顔が張っていることもあるでしょう。ボトックス注射はこうした筋肉の発達によってエラが張っている方に効果がテキメンですので、顔の輪郭を一回り小さくすることが可能なのです。小顔治療以外にも、筋肉が麻痺することによって、表情筋が衰えるため、額の皺や目尻の皺を目立たなくすることが出来ますし、腋臭などの改善治療にもボトックス菌を応用することが出来ます。クリニックで施術を行う際は、筋肉の発達状態や脂肪の付き方などを確認し、適切な注入量や注入位置を決めていかなければなりません。顔のエラの骨を削らずにボツリヌス菌を注入するだけで、小顔になることが出来ますのでリスクを伴う手術とは違い、低リスクで施術を行うことが出来るメリットがあります。しかし筋肉を麻痺させる効果は長期間継続しませんので、定期的にケアを行い続ける必要があるでしょう。ボトックスには色々な種類があり、中でも世界的に一番普及しており、臨床実験も十分に行われているのがA型ボツリヌストキシン製剤で、日本ではボトックスと呼ばれています。美容整形で使用した際の効果も証明されていますので、安全性も信頼度も高いので、施術を行うのであれば、この製剤を使用しているクリニックがお勧めでしょう。ボトックスビスタも品質の高い製剤で2009年度には厚生労働省の認可が下りていますので安心して活用することができる製剤だと言っても良いでしょう。製造工場から5度以下の温度を保持しながら、日本へ輸入されますのでお値段も高めですが、効果も高く安全に使用することができます。ディスポートはイギリスの製薬会社で製造された製剤で2009年度にアメリカのFDA承認が下りており、小顔治療で使用するよりも、皺取りを目的に使用されることが多い製剤です。注射後の薬剤の拡散の仕方が独特であるため、小顔を改善するよりも皺取りの効果が高くヨーロッパでの美容整形によく使用されています。ニューロノックスは韓国の製薬会社で製造されている製剤で、韓国食品医薬品安全庁の認可を受けており、品質面では安全です。同等の製品には韓国産のメディトキシンがあり、こちらも韓国食品医薬品安全庁の認可を受けていますので信頼することができるでしょう。リジェノックスはジェネリック品で韓国食品医薬品安全庁の認可を受けており、世界30か国で現在使用されています。価格が安価ですので、施術費用を安く抑えることができますし、日本でもこの製剤を使用した症例が多数ありますので、安全に使用することができるでしょう。施術を実際に受ける際は、それぞれの製剤の特徴を知り、安全面や品質面をよく考えて施術を行うことが重要です。