女性

ボトックスで小顔になれちゃう【小顔効果を期待できる可能性】

理想のフェイスラインに

注射

手軽に行えます

小顔になりたいけれど、頬やエラ、顎などの骨を削るのは抵抗があるという方にお勧めなのが気になる部分にボトックス注射を行う方法です。何故、小顔になることが出来るのかその理由は、ボトックスに筋肉の動きを抑制する効果があるからです。エラの張りに悩まれる方は噛む筋肉である咬筋部分に注射針で注入すると、咬筋の筋肉を抑制するためフェイルラインがスッキリするため、顔がほっそりと見えます。エラなど筋肉が過剰に発達している方の場合、この施術方法はとても効果的ですので、骨を削らずに顔をシャープに見せることが出来るでしょう。筋肉を麻痺させる効果は3か月から6か月程ですので、定期的に注射を打たなければならないのですが、メスを使った手術法に比べるとリスクはとても低いので、安心して気軽に行うことができるのも魅力です。咬筋に注射を打つ場合は、顔の筋肉の位置などを把握して行わなければなりませんので、施術を行う際は出来るだけ熟練した医師に行ってもらう必要があります。顔の筋肉の表情筋や解剖学などを熟知している必要がありますし、注入量の調整も行わなければなりません。注入量が多すぎると、顎に力が入らないなどの副作用が出る場合もありますので、施術を行う場合は手術実績数の多い医師に依頼しましょう。施術を行うメリットは注入がほんの数分で行うことが出来るので、施術後はすぐに日常の生活に戻ることが出来、アレルギーなども起こりにくいことです。施術後は整形手術とは違いダウンタイムはほとんどありませんが、注入した場所が少し赤くなることもありますがすぐに元の皮膚の色に戻ります。ボトックス注射治療で小顔になりたい方は、まずどのようなクリニックがあるのかを調べておく必要があります。各クリニックでは施術方針や施術方法に違いがありますので、自分に適した施術を行うにはどのクリニックを選べばよいのかを調べておきましょう。使用する製剤にもボトックスビスタやディスポート、ゼオミンがあり、それぞれに特徴がありますので、カウンセリングの段階でそれぞれのメリットやデメリットも確認しておく必要があります。ピンポイントで筋肉を麻痺させたいのであれば、ボトックスビスタが適していますし、広範囲に筋肉を麻痺させたい場合はディスポートが適しているでしょう。今後繰り返し、小顔施術を行うのであれば、抗体が作られにくく、繰り返し使用しても効果が継続するゼオミン製剤が適しています。避けたいクリニックは他のクリニックに比べてあまりにも安く施術をしているクリニックで、こうしたクリニックでは、低コストのボトックス製剤を使用していることもあり、注入時の痛みや効果が弱い場合があるでしょう。海外での美容整形で安く施術を行っている場合は、こうした安い製剤が使われていたり、技術力も低かったりする場合がありますので注意する必要があります。施術の申込方法は各クリニックの方針に従って申し込む必要があり、施術同意書の内容をよく確認して申し込む必要があります。注射部位はどこか、製剤はどれを使うのか、注入量はどのくらいかなどをカウンセリングの際によく確認しておく必要があるでしょう。また定期的に同じクリニックで続けて打つ場合は、同じ医師が担当してくれるのかどうかについてもカウンセリングや申込時にきちんと確認しておく必要があります。